日本統治期台湾文学研究 台湾の児童文学と日本人

5,184円(内税)

第一章 台湾最初の児童文学家・西岡英夫研究序説 第一部 大正期・台湾における「お伽事業」の創始 西岡英夫と巌谷小波、後宮信太朗?西岡英夫の「お伽事業」?巌谷小波の来台と「お伽事業」?「お伽噺」から「童話」そして「児童文学」 第二部 大正期より昭和期の活動 西岡英夫の「童話を通じて観たる台湾」をめぐって?口演童話及び放送童話?西岡英夫と台湾の児童劇・童話劇?昭和期の西岡英夫?西岡英夫著作目録 第二章 西川満と台湾の児童文学 西川満の初めての童話?西川潤のための児童文学書?『国語新聞』連載の「西遊記」?西川満と黄氏鳳姿?西川満児童文学関係目録 第三章 日高紅椿覚え書き 日高紅椿についての先行研究?日高紅椿の生涯?台中時代一鈴蘭社・台中童謡劇協会・日高児童楽園?台北時代ー「日高児童楽園」の復興と台北児童芸術協会?日高紅椿著作目録 第四章 まど・みちおと台湾ー忘れられた「戦争協力詩」 石田道雄の「戦争協力詩」?忘れられた「戦争協力詩」?ある結論?ある編集者の死についてー編集者の責務?『続・まど・みちお全詩集』について?石田道雄(まど・みちお)台湾紙誌発表作品目録 あとがき 中島利郎 研文出版 A5判 274頁

カテゴリーから探す