「詩経」国風の詩歌と地域社会

6,480円(内税)

恋愛歌、生活苦の詩、車馬の詩、農事詩といったそれぞれのテーマ詩とそうした詩が生まれた地域社会のかかわり合いとを追求。それぞれの詩の問題を社会史の方法から考察する。 「詩 経」は中国の文学では最も重要な古典であることはいうまでもないが、それとともに中国の歴史学においても古代の歴史や社会をつたえる貴重な資料である。こ のことはこれまで多くの研究者によって注目され、歴史研究や歴史叙述に利用されてきたところである。・・・本書は詩歌の訓詁については独自の考証は少な く、先学の説によるところが多いが、詩歌の主題、つまり各詩歌はどういうことを歌ったものであるか、また各詩歌はどのような地域社会を背景に生まれたもの であるか、ということに重点をおいて考察を試みたものである。(本書「あとがき」より) まえがき 第一章 恋愛詩と地域社会 はじめに/鄭風の恋愛詩/衛風の恋愛詩/鄭風・衛風恋愛詩の特色/恋愛詩と鄭・衛の地域社会/陳風の恋愛詩とその特色/恋愛詩と陳の地域社会/附 中国古代の俗楽―鄭声を中心に 第二章 魏風に見える生活苦の詩と地域社会 魏風に見える生活苦の詩/魏風の地域社会 第三章 秦風に見える車馬の詩と地域社会 秦風に見える車馬の詩/秦風の地域社会 第四章 ?風(ひんぷう)に見える農事詩と市域社会 はじめに/頌・雅の農事詩/頌・雅の農事詩の地域社会/?風七月の詩/?風の地域社会 史料と参考文献 あとがき 佐藤武敏著 研文出版 A5判 298頁

カテゴリーから探す