大縮尺図で見る平野 付図共

3,800円(内税)

目次 序章 一条の川その上・中・下流部―滋賀県・百瀬川 第1部 扇状地平野の遍歴(黒部川扇状地;常願寺川扇状地における安政洪水の影響;群馬県大間々扇状地;松本盆地田多井扇状地の水田―古代の自然水田をさぐる;内部川扇状地のマンボ) 第2部 氾濫原(自然堤防帯)・三角州平野の遍歴(敦賀平野;埼玉低地帯の条里水田―浦和市大久保付近;石狩平野幾春別川の自然堤防帯;津軽平野の多条並列灌漑水路) 第3部 旧湖底・湖岸低地の遍歴(茨城県飯沼の享保干拓時の湖岸線;北浦・霞ケ浦岸の条里水田) 第4部 台地・高原の谷地田遍歴(信濃川べり川口町における圃場整備の地形的条件;名護屋溶岸台地の谷地田;木曽川北岸久田見高原の谷地田) サイズ B5判/ページ数 238p/高さ 28X20cm 古今書院 籠瀬良明 昭63 1

カテゴリーから探す